2006年12月

12/18~

12/18
 AMは外来者との話合い。その他は事務仕事。

12/19
 常田保育園の用事でAMは外出し、PMは某女子短大での講義。

12/20
 当初AM&PMとも予定が入っていたのだが、どちらも先方の都合でキャンセル。なので、のんびり事務仕事。消防署へ行ったり、評議員宅へ伺ったり、合庁へ行ったりと、普段しなくてはならなかった仕事をさせてもらう。

12/21【クリスマス会】
 クランツに4本目のローソクに灯りがつき、子ども達が待ちに待ったクリスマス会。
 練習は2日間という子ども達と職員によるハンドベルの演奏。次はブラックシアター。電灯が消された部屋の中に怪しい光がうごめくので、チョッピリ怖がるお子さんも居ましたが、前夜遅くまで仕込み作業をしていたスタッフの努力に免じて許して下さいね。最後に窓と倉庫から2人のサンタクロースが登場してのクリスマス会でした。
 昼食時、「ニンジンやミカン」に挑戦するYくんのビデオ撮影。ついでに、ゆで卵が食べられるのかは判らないのですが、白身と黄身に挑戦してもらうと、何だかんだ言いながらも口に運んでいたので、家では食べているのだろうと想像できました。
 午後は園内の調整会議をしてから信毎のH記者来園。新年の特集号の記事についてお話を伺う。

12/22
 朝3時に起きて息子が学んでいる山形県小国町の基督教独立学園高等学校へ。午前中は、福田和子さんの講演会で、「死刑囚島秋人の生涯」についてのお話を聞かせていただき、死刑執行当日の俳句や祈りには心を打たれるものがありました。その後、生徒達の計画によるクリスマス祝会に参加し、生徒達のもてなしに暖かさを感じました。 

12/23
 朝から生徒達による学年毎のクリスマス劇を観賞。毎年の事だが何ヶ月もかけて考え創り上げてきているので、どの学年の劇にもテーマがしっかり感じられるものでした。クリスマス劇を観るのも今年で最後かと思うと、少し感慨深いものでした。
 学校内の片付けや精米作業の息子を待って、何だかんだで夜7時に息子を乗せて学園を出発し、真夜中に我が家へ到着。

12/24
 夜、上田新参町教会のクリスマス・イブ礼拝に家族で参加。明朝に検査が控えているので、美味しい食事とアルコールはオアズケ。

12/25
 AMは丸子中央病院で生活習慣病検査。4つ程の病名をありがたくいただくが、どれも軽症でしばらく様子を観ましょうとの事。その後、上田いずみ園へ。それにしても、胃カメラが喉を通っていく時の気持ち悪さは、何とかならないものかと、ベッドの上でヨダレを垂らしてながら毎回毎回思うのであります。
 PM、久し振りに4年前に卒園したIさんのお母さんが来園。はっぱでカンパにご協力をいただきました。

12/9~

12/9【30周年感謝の集い&感謝会】
 社会福祉法人カルディア会の設立と上田いずみ園開園の30周年を祝う為の「感謝の集い」と「感謝会」を行いました。
 30年前の1976年、上田新参町教会や地域の方々の支援によって、上田いずみ園の療育活動が開始されました。開園後も本当に多くの方々の支えや役職員一人ひとりの働きによって今日を迎えられた事に、感謝いたします。
 AM、丸子セレスホールで行った感謝の集いには約250名程のご参加があり、楽しい一時を過していただけたのではないかと思っています。また、お父さん方には雨降る中、駐車場係のお手伝いをしていただき、ありがとうございました。十分なお礼もできないまま解散になってしまい、申し訳ありませんでした。
 夕方からは、新旧役職員による感謝会を上田新参町教会のY牧師の司式によって開会し、和やかな雰囲気で感謝会をすることができました。
 この1日、在園の保護者はもとより、大きくなった卒園児や退職職員にも久々にお会いすることができ、これまた嬉しい出会いの時でした。
 何より、この日の為に準備をし続けたスタッフの皆さんには、本当に感謝です。ありがとう!

12/10
 荷物を取りに園へ。

12/11
 送迎バスの運転以外は何も予定の入っていない日なので、園車(軽自動車)2台のタイヤ交換。
 苦手な食べ物が多いぞうクラスのYくん。先週まで挑戦していたミカンを搾ってのジュースには卒業してもらい、今日から生のミカンに挑戦してもらう。彼の指の爪くらいの大きさのミカンを渡すと、ミカンを細かく細かく分解して一つずつ口の中へ入れていく姿は、何ともイジラシイものを感じます。 

12/12 
 信濃毎日新聞の朝刊に障害者自立支援法と知的障害児通園施設の記事が掲載。何度か上田いずみ園を訪問してくれたO記者の記事。彼との話合いの中で記事になりにくい話ばかりしてきたので、よくまとめられていると、感心してしまう。
 AM、送迎バス2台のタイヤ交換。PMは時間が無いのでもう1台のタイヤ交換はスタッフのYさんにバトンタッチ。自宅から持ってきた安売りインパクトレンチが大活躍。
 PMは某女子短大での講義。この日は、「障がい者の兄弟の結婚問題」について、私の経験してきた事例を参考にグループワークを行ってみた。

12/13
 だいぶ寒くなってきたので廊下にビニールシート張り。本当は子ども達の為に廊下外側に戸を設置してあげたいと思っているのですが‥‥。 
 AM、某小学校の校長先生が子ども達の様子を見学する為に来園。

12/14【アドベント第3】
 本日のアドベント行事のメインは子ども達の聖誕劇。ステージの上には全員の子ども達がいるので、誰がどの役をしているか判りにくいのですが、ドタバタしながらも無事終了。何でも有りの聖誕劇も上田いずみ園らしくて良いのではないかと思うのです。メェメェ鳴いている羊役の子ども達はとても可愛かったのでした。
 PM、上田市就学指導委員会に出席。

12/15
 AM、上田市の係長が来園。上田市から借用している建物や土地についての話し合いをしました。
 昼食時、ぞうクラスへ入ると、やかましい(?)TくんとYくんが、何を思ったのか「がんばれ、がんばれ、ヒゲじじい!」とご挨拶(応援?)してくれる。何だか判らないけど「がんばれ」と言ってくれるので、私だけ頑張るのは嫌だからYくんにも頑張ってもらい、苦手なニンジンとミカンを食べていただく事にしました。今日は味噌汁の中に入っていたニンジン2切れとミカンを半分食べました。ミカンを食べている時に、彼が「おいしい」と言ったのは偶然でしょうか?。

12/7~

12/7【アドベント第2】
 AMのアドベントでは子ども達にほんの少しのお話&即席“めんそーれバンド”による歌のプレゼントをさせていただきました。昨夜の練習の方が良かったのかもしれませんが、今日は今日で、何とかバンド側からアンコールをお願いして終了となりました。後で、子ども達に感想を聞いたら、「‥‥!?」。感想は聞かない方が良かったみたいです。
  
  歌った曲は
   ♪いつでも誰かが
   ♪風になりたい
   ♪BELIEVE
   ♪君は愛されるために生まれた(無理やりのアンコール曲)
  バンドメンバー
   Mさん・Kさん・Oさん‥ボーカル&パーカッション&踊り
   Yさん・Aさん‥ボーカル&パーカッション&手拍子
   Tさん‥ピアノ
   Yさん‥ボーカル&パーカッション&サンバホイッスル
   私‥ギター
 
 PMは、間近に迫った30周年記念関係のお仕事。

12/8
 AM、松本ろう学校から3人の方が来園。上田いずみ園のお話や園内を見学していただく。その後は、やはり30周年関係のお仕事。
 これから職員と一緒に丸子のセレスホールへ行って、明日のコンサートの仕込み作業の予定。
 日々の忙しい中で職員達はこんなにも頑張っているので、明日は沢山の方々に来ていただけると「嬉しいのになァ」と思うのであります。

11/28~

11/28
 AMは利用契約&重要事項説明の第4回目の保護者会。PMは某女子短大の講義へ。

11/29
 30周年行事関係の準備と県実地指導の準備をした1日でした。

11/30【アドベント第1】
 AM、上田新参町教会のY牧師をお招きして、アドベント第1を行いました。暗い遊戯室のクランツに1本目のローソクが灯りました。
 PMは某高校へ行って「障害児保育と子どもの発達」についてのお話をさせていただきました。私の拙い話に耳を傾けてくれている生徒さん、眠りこけている生徒さん、窓の外を眺めている生徒さん。人生いろいろ、生徒もいろいろ。貴重な体験をさせていただきました。

12/1
 AM、信濃毎日新聞社のO記者来園。私との話合いの後、Oさんにはぞうクラスで昼食を食べたり雑巾がけをしてもらいました。記事を書くには聞いてばかりではなく、体験する事も重要な事なのです。

12/2【KIDSランド開催日】
 昼、新旧役職員のための30周年感謝会打合せの為に市内のホテルへ。
 ここ数年、土日は園内環境整備の日と勝手に決め込んでいるのですが、大きな行事が控えているとなると、大工仕事やペンキ塗りが出来ず、やりたい事がやれないもどかしさで、チョッピリ不安定気味です。

12/3
 完全休養日。

12/4【長野県による実地指導】
 AMからPMにかけて長野県厚生課(3名)による2年ぶりの実地指導。悪い事はしていないのに、様々な書類に目を通し、細かい事の質問やチクリチクリの提言?(進言?)があるため、次第に罪人のような気分になったのは何故でありましょうか。法律通りに運営しているかだけを見るのではなく、現場を見て、現在の法律の不備をも考えていく作業を施設側と一緒に行っていく実地指導であって欲しいものです。極論ですが、法律通りに上田いずみ園を運営するとなると、ただ時間から時間だけをお預かりする、とってもつまらない上田いずみ園になってしまうのであります。確かに夜遅くまで仕事をしている(させている?)のは良くないのですが、少なくとも子ども達の笑顔を想像しながら教材を作ったり、楽しい行事になる為の準備をしている職員達には、お褒めの一言でも頂きたいものであると思うのです。県の実地指導は、国や関係機関が施設へ指導に入って不備を指摘されてしまった時の為に、「長野県は以前から施設に対して指導を行っていたのです」と云う証拠作りをしているようだと思えてなりません。
 
 夕方、信濃毎日新聞社のM記者来園。9日に開催する30周年記念コンサートの取材で来園したのですが、話をしていると世間は狭いもの、結構、知り合いネタが多かったのです。今度来る時には、子どもたちと遊んでいただく事をお願いしました。

12/5
 昼食ではYくん(ぞうクラス)の隣りに着席。いつもチョッカイを出す園長が隣りにきたので、彼は「ヤバイ」と思ったのかも知れないのですが、それでも今日はおかずのサケをほんの少し口に入れる事に泣きながら挑戦。本当によく頑張りました。Yくんは偉い!!
 PMは某女子短大の講義日。近年、子ども関係への就職は狭き門ですが、それでも少しずつ子ども関係の職場への就職が内定してきているようで、少し一安心。
 夜、NPO法人シャインの理事会に出席。年々、社会福祉法人の運営は厳しいものになってきていますが、NPO法人の運営はそれ以上に厳しいものがあります。

12/6
 AMには上田市福祉課の方が2名来園。上田いずみ園の将来構想や障害者自立支援法の話合いを行いました。PMは長野盲学校へMくんのお迎え。
 夕方から翌日のアドベントで行う歌の練習。即席バンド名は“めんそーれバンド”。本日で2回目の練習ですが、歌好きの職員達なので1回目よりはかなり進歩しています。お金を取れる?ほどまでには進歩していないのですが、気持ちは伝えられるバンドになっていると、勝手に思い込んでいます。
記事検索
プロフィール

drecom_izumi_en

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ